生理でもむくみたくない!

生理でもむくみたくないものです。生理のせいだと分かっていても、むくんだ顔や足を見ると、気分がブルーになるからです。そうなると、外に出るのも嫌になります。生理前に起こるむくみの原因は、プロゲステロンの分泌が増えるからです。水分の排出が行われにくくなるので、どうしてもむくみが起こりやすくなるのです。生理中にむくみやすいのは、プロゲステロンとエストロゲン両方の分泌が少なくなるからです。そうすると体温が下がり、全身の血行が悪くなって代謝が下がってしまいます。体内の水分が排出されにくくなると、自然とむくみが起こりやすくなります。生理前や生理中に起こるむくみに対しては、マッサージが有効とされています。首のマッサージは特におすすめで、朝の5分で顔のむくみをとることができるといわれています。顔のむくみには、冷温パックするとよく、温かいタオルと冷たいタオルを交互に20秒ずつ顔に当て、温めるのと冷やすのを繰り返します。血行を良くすることができるので、とてもすっきりします。足のむくみには、足湯がおすすめです。足を温めると、全身の血行を良くすることができます。